1. HOME
  2. サービス一覧
  3. エネルギー事業
  4. ENERGY SOLUTION

エネルギー事業

ENERGY SOLUTION

エネルギー事業

ENERGY SOLUTION

エネルギー事業|コーフクエコソリューション
太陽光発電事業

太陽光発電のご相談はコーフクエコソリューション株式会社へ

コーフクエコソリューション株式会社では、太陽光発電システムに関する調査、立案、設計、施工、アフターまで、すべて社内で行うことにより、スピーディーで連携した対応が可能です。住宅用、カーポート用、集合住宅用、大型ガレージ用、野立て、産業用など多くのユーザー様からご指示をいただいています。太陽光発電は、わたくしたち、コーフクエコソリューションにお任せ下さい。

太陽光発電の電気を使う、売る

太陽の光エネルギーを太陽電池で受けて、家庭で使用できる電気に変換し、供給するシステムです。

ソーラー発電システムのことをPVシステム等と、言われる事がありますが、PVとは『Photovoltaic(フォトボルタイク)光起発電』という意味です。屋根の上などに設置された太陽電池モジュールに太陽の光が当たると発電します。この電気は、直流のため、家庭で使用できる交流にパワーコンディショナを使って変換します。パワーコンディショナから家庭の分電盤に接続し、自動的に電気を買ったり、売ったりできるという仕組みです。

住宅用|太陽光発電

太陽光発電のことなら、弊社へお任せください!

太陽光発電システムの見積は、複数の会社からとるのが常識です。ただ、そこで選んだ業者が必ずしも優秀な業者なのか、見極めるのは非常に難しいところだと思います。価格の安さに重点を置くのか、それとも工事の品質に重点を置くのか、ほとんどの方は両方を望まれます。今、お持ちの見積で思い通りの工事がなされるのでしょうか?

今あるスペースを活用してさらに収益アップ!

“さあはじめましょう” 「土地活用」「屋根活用」

アパート、マンション、駐車場、工場、倉庫、遊休地、農地など、今あるスペースを最大限に活用して収益アップ! 10kW以上50kW未満のシステムを「小規模産業用システム」と呼んでいます。工場、倉庫、駐車場、建物の屋根や遊休地など、現在は使わていない空き地や、小さなスペースを有効活用して設置ができるため、導入の可能性が広がります。

カーポート・ガレージ用|太陽光発電

ハイブリッド構造の折板ガレージです。

弊社のオリジナル太陽光発電カーポートシステム「ハッピーポート」。一般住宅の駐車場から、大型パーキングまで対応可能。また既存の太陽光発電にプラスする事により「ハッピーポート」での発電のほとんどが余剰電力となり、高い費用対効果が期待できます。大型パーキングスペースにおいても、買取期間が10年延長する場合もあります。

アパート・マンション用|太陽光発電

一般住宅と比べ、大容量のシステムが導入可能!

安定性、耐久性、高利回りをお約束します。シャープ、京セラ、パナソニック、東芝(サンパワー製)、三菱電気、ソーラーフロンティア等の、国内メーカーをはじめ、海外主力製品を取揃え、物件条件やお客様の意向に沿ったご提案をいたします。

ガレージ・モータープール用|太陽光発電

入居者に喜ばれる、20年間の安定収入。

駐車場、ガレージ経営で100%の入居率を長期間確保するのは、なかなか難しいのではないでしょうか。仮に、高い入居率であっても、それ以上の収益は望めません。太陽光発電ガレージにすることにより、発電による安定した固定収入が20年間確保できます。また、屋根付きのガレージになったことで、入居者にもよろこばれています。

野立て・産業用|太陽光発電

節税効果(グリーン投資減税)がある!特別償却、税額控除が利用できます。

まちがいなく儲かります!と、言いたいところですが、すべての方が儲かるとはいえないのが現状です。周辺の立地条件による「影の影響」いい加減な地盤処理で「雑草による影」「基礎や架台の変形」や「パネルの破損」農地転換をせずに設置、その後の「撤去命令」等の実例もございます。しっかりした業者を選ぶ事が重要です。

ダブル発電

ガスで発電+太陽光で発電! 時代は「ダブル発電」

普段、使用している電気は、大規模発電所でつくられますが、発電の際に発生する熱の多くは家庭に届くまでに失われてしまいます。各家庭でエネルギーをつくる「エネファーム」なら、家庭菜園のようにつくる場所と使う場所が一緒。そのためエネルギーがなく、有効に利用することができます。

将来的には、電気自動車用の充電スポットに転用可能です

EV車用充電スポットへの転用にも期待できます。

アパートや、マンション、駐車場に最適。家賃収入、発電収入に加えて、将来的には充電スポットとしての転用が期待できます。変更の工事費用がかかりますが、発電システムの償却が完了していれば、発電システムをそのまま利用でき、導入コストを抑えることも可能。新たに「充電スポットビジネス」をスタートすることができます。